14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年07月20日 (土)
■ 新聞記事

新聞記者 望月衣塑子著
FUJIFILM XQ2 25mm ISO125 F1.8 1/30 EV-0.3

いよいよ部品も集まってきたのでいい加減に重い腰を上げて通勤号である SURLY cross×check の組みなおしと、お出かけ号の COLNAGO DREAM B-Stay の一部組みなおしの両方をやらねばならないのですが、何とも体が動かない‥。やらねばならないことがあるのに始められないという、悪い状況から脱せずにいます。じゃあせめて気分転換にでも、ってことで Northport mall の本屋に行ってきました。んで、買ってきたのがこの本。最近はテレビとか全く見ないのでそちら方面ではどうなのか知りませんけれども、Twitter では頻繁に情報が流れている東京新聞の望月衣塑子さんが書かれた本を買ってみました。同名の映画が上映中であり、Twitter 情報によると絶賛の映画らしい‥。映画のほうはまだ観てないのですが、本のほうを読んでみようと思い買ってみたわけです。映画の内容とリンクしているものではないそうですが、新聞記者としての望月衣塑子さんの人となりが分かればと思いまして。。

■ Comment
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
2019/07/30(火) 03:42:32 | URL | omachi #-[編集]
すみません、、全然気づいてませんでした。

なかなか読み物に手が伸びない私なのですが、もう少し歳を取ったら色々と読んでみたいなと思っております。特にあてもなく国内旅行をするのが好きなので、その土地の物語を知ってから行くと楽しみが倍増しそうですね。
2019/10/22(火) 16:52:14 | URL | knys #-[編集]
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |