14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年10月13日 (日)
■ たったひとつの SHIMANO

SHIMANO XTR M952-RD
FUJIFILM XQ2 25mm ISO125 F1.8 1/30 EV-0.3

雨は凄かったみたいだけど少なくとも風は 15 号のほうが強烈だったかなぁ‥すっかり雲の無い空を見上げて TV を点けて驚きました。災害にあわれた方は本当にお気の毒ですが、水は本当に怖いですからね‥。私が今住んでいる家は集合住宅ではありますが持ち家です。以前に住んでいたのは集合住宅の借家でしたが、直接の被害は受けなかったものの川の氾濫を経験しており、自分で家を買うときの第一条件は「水害とは無縁の土地にする」でしたから。水が無いと生きていけないけど水は本当に怖い。

生まれ変わる cross × check のパーツ紹介。お次はリアディレイラー。その前に、、自転車に限らず業界にはその業界トップが必ずいます。SHIMANO は押しも押されもせぬ自転車部品メーカーのトップですし、通勤通学で少しでも自転車に乗る人であればほとんどの方がお世話になっているメーカーのはず。そんな「日本スゲー!」の一翼を担っているメーカーは、私の大嫌いなメーカーでもあります。何でだろう?好き、嫌いに理由なんて無いのが多いのも事実だけど、SHIMANO が嫌いな理由をロジカルに説明することなんてできません。嫌いなものは嫌い。強いて言えば大好きな Campagnolo の敵だから?(笑)

別に昔から嫌いだったのではなく、好きだった頃もあります。その SHIMANO をまだ好きだった頃に買ったのは MTB 系の最上級グレードだった XTR のリアディレイラー。今もトップグレードは XTR というシリーズらしいけど、全く興味がありません。とにかく今の SHIMANO って美しくないんですよね。もう、デザインが気持ち悪すぎて吐き気がするくらい。この M952 は美しかったのに‥。そうか、、SHIMANO が嫌いな理由は「美しくないから」ですね。私は全く同じような印象を自動車メーカーの TOYOTA に感じるのですよね。優秀な製品で故障も少ないんだろうけど、、とにかく美しくない‥というか醜い。

まぁ、これは単なる私の感覚なだけですので、SHIMANO 大好きな方の気分を害したとしたらごめんなさい。でも、写真の M952 XTR は美しかったし(いや、、現に美しい)、大嫌いな SHIMANO のはずなのに cross × check の走りをサポートしてくれる重要な部品として頑張ってくれるのです。昔の彼女の写真を大事に持っている、、そんな感覚なのかもしれませんけど、いいものはいい。自転車部品と言ったらシルバーかブラックの二択だったのに、何とも言えない高級感の漂うガンメタルを持ち込んだのもカッコよかったですよねぇ。SHIMANO 大嫌いな私なのに、たったひとつだけ心を許しているのが M952 XTR です。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |