14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年10月18日 (金)
■ サクリファイス・エデン・スティグマータ

サクリファイス・エデン・スティグマータ(近藤史恵著)
FUJIFILM XQ2 25mm ISO125 F1.8 1/30 EV-0.3

美容室で「小説って読む?面白いから読んでみて」と渡された 4 冊の小説。私はあまり本を読むほうではなく、読むとしてもフィクションが含まれるものが好きで完全な「作り物」であるノンフィクションのジャンルは昔から読んでこなかった。だから、早く読まねば‥という焦りだけで時間が過ぎた。台風 19 号によって車中泊旅行を諦めた先週末の 3 連休‥この機会にと思って手にとったサクリファイスをあっという間に読んでしまった。サクリファイスは大藪春彦賞を取っただけのことはあり、自転車好きの私から見てもなかなかよく描けているな‥と感じましたね。そりゃねーだろ‥という部分もありましたけど(笑)。ちなみに私は自転車レースには出ませんけど、ロードレースという競技が非常に面白いということは知っています。グランツールをテレビで観戦するまでには至らない程度ですが、自転車雑誌などの記事はそこそこ気になるほう‥かな。

私は小説をあまり読まないので当然ながら著者の近藤史恵という名前も初耳でした。娘によるとミステリー作品を得意としているらしい‥。そんな要素も含んだ小説なので、ガチの自転車乗りの方には酷評される方もそこそこいらっしゃるようですが。とはいえ、自転車好きの方でも「自転車好きなら読んでおくべき小説」に挙げている人は多く、それは私も同意見です。ロードレースを知らない方は知らないであろう「アシスト」という役割が小説の中でも色々と鍵を握っていたりして面白いです。この 3 冊の他にスピンオフ作品を集めたようなサヴァイヴというタイトルの 1 冊も読んでしまいました。とりあえずノルマを果たしたどころか、面白い本貸してくれてありがとう!ですよ‥。サクリファイス・シリーズはヨーロッパのプロロードをメインの舞台として話が展開するのですが、アマチュアロードを舞台としている「キアズマ」という本を自分で買ったのは内緒(笑)。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |