14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2007年07月13日 (金)
■ 入っている証拠

立体駐車場のパレットについたオイル染み時々ここにも登場していますが、わが家の車はSUBARU LegacyのLancasterというモデルです。現行モデルでいうとOUTBACKという名前のもので、Lancasterはそのひとつ前のモデルにあたりますが、都会的テイストのツーリングワゴンにアウトドアのスパイスを振りかけたモデル‥。最低地上高が200mmあるので、キャンプ場のちょっとした凸凹なんて全く問題にならない結構頼もしいヤツなのです。そのLancasterも買ってから6年と4ヶ月が経過‥最近は遠出をしなくなったので、走行距離は56000km弱くらいなのです。

マンション住まいのわが家ですし、土地の狭い地域ですから駐車場は立体式です。立体式3段の中段が、わが家の駐車場として借りているトコロ‥。今年3月に12ヶ月点検に出したのですが、点検に出す少し前頃から立体駐車場のパレットにオイルがぽつぽつと落ちているのが気になっていました。なので、12ヶ月点検の際に「気になるからちょっと見ておいて」とお願いしておきました。点検の結果、エンジンのヘッドカバーのパッキンが痛んでいることによるオイル漏れとのこと‥。水平対向エンジンの構造上、ヘッドカバー付近からのオイル漏れが起きやすいとは思うのですが、まだ6年ちょっとですからね‥少し早すぎないか?という気はするのです。

などと言っても別の見方もあって‥「オイルが漏れるということはオイルがちゃんと入っている証拠!」なんていう言い方もできなくはないのです。個人的にはそれくらい楽観視していましたので、しばらく様子を見ていました。ですが、さすがに今日の写真の程度になってきてからは、そろそろ修理に出してもいいかな‥と思っていました。ということで、夏休みになる前に修理に出してきました。修理内容からいって、もっと高額なのかと思っていましたが、それほど高くなくて15000円でお釣りがきましたよ‥。とはいえ、一緒につられて左側(今回は右側の問題)まで壊れないでね‥というのが切なる願いでもあるのです。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |