14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年11月29日 (日)
■ シフトペダル交換

FANTIC で湘南まで
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/290 EV-0.3

昨日のハナシです。昨日、二郎に行った後に頼んでおいた WISE moto sports のシフトペダルを取りに行きました。そして早速装着してもらいました。元は BETA RR4T 125LC 用のアフターパーツとして売り出したそうなのですが(BETA 羨ましい‥)、もちろん 私の FANTIC は同じエンジンですので装着することは可能です。ただし、125LC とはフレームワークが違いますから着いたからといって BETA と同じような操作感かどうかは分かりません。事前の採寸では若干遠く、若干外側に膨らむ感じでしたが‥。

BETA RR4T 125LC 用シフトペダル
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/64 EV-0.3

実際に装着したところはこんな感じ‥と言っても、この写真を見ただけでは何も分かりませんよね。オリジナルのペダルよりは若干上にしました。今の段階ではペダルの高さと同程度くらいか若干上‥という感じでしょうか。オリジナルのペダルの場合、あまり高い位置にセットしようとするとエンジンに干渉すると思いますが、BETA 用のこちらのペダルは干渉しないように作ってあるみたいです。ということは、純正品より全然イイってことでしょうかね?いや‥確かに見た目はだいぶ高級になった感じですが。

七里ヶ浜から江ノ島
RICOH GX200 35mm ISO64 F8.2 1/870 EV-0.3

FANTIC に乗るのもかなり久しぶりのことですし、シフトペダルを交換したついでに慣れてやろう‥ということで湘南までひとっ走りしてきました。ペダルがちょっと長くなったせいでストロークが若干増えた感じですが、逆にシフト感がハッキリしたようでシフトしやすくなりましたね。位置を上げたのもスグに慣れて今までよりもむしろ操作しやすくなったかもしれません。もしかしてブーツ履くようになるともう 1 クリック分上になるのかなぁ‥。今度、他人のマシンを観察してみることにしましょう。

2015年10月17日 (土)
■ スピード

rider 02
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/64 EV-0.3

先月の終わりに rider の創刊 2 号が送られてきました。ちょっとした空き時間を見つけてはちょこちょこ読んでいますけど、これ読んでるとどこかに行きたくなるんですよねぇ。で、今号の特集は写真にあるとおり「スピード!」だって。文字通り速度のことだけど、高速の魅力について色々な話題を提供しています。確かに速く走ること自体がモーターサイクルの魅力のひとつであることは間違いないでしょう。だって、峠道で微妙に速いような遅いような 4 輪に追いついたら「あ~、塞がれちゃった」って思うでしょ?

2 輪はそもそも加速がいいのでスピードを乗せやすいわけですが、だからと言って出せるだけ出してよいなんてことはありませんし、そんな危険極まりないことをやってはいけません。でも結構みなさん飛ばすんですよね‥。後ろから見てて「よく怖くないよなぁ」と思うほどに突っ込みがいいというか。でもまぁ、逆にいうとスピードにはそれだけの魔力があるのでしょう。しかし、いくら魅力があって魔力にやられても事故を起こしてしまっては元も子もありませんし、その時になって反省しても時すでに遅し‥。

そんなことを考えるとスピードって色々と難しいですよね。ま、私の場合はスピードを追求したいという欲求は無いので月曜日にも行った「細い道探検」あたりに違う楽しさの種があるんじゃないかと思っているんですけどね‥。ちなみにこの号で編集長が箱根エリアにもまだまだ面白い道がある‥と書いていたのが「箱根やまなみ林道」のことかと勘違いして行ってみたのですが、さすがにそこまでマイナーな道路の話ではなかった模様。ということは、あっちの道かな‥。いつかまた行ってみましょ。

2015年10月12日 (月)
■ 細い道探検

大観山駐車場より芦ノ湖と富士山
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/710 EV-0.3

昨日はイマイチの天気だったので家でおとなしくしていましたが、今日は天気がよさそう‥。ということで、FANTIC でお出掛けです。今日は箱根のほうに行ってみたいぞ‥ということで地図を見ていたのですが、横浜在住のモーターサイクル乗りなら一度は行っているであろう「椿ライン」を走ったことがないことに気づき、椿ラインを走って箱根を目指すことにします。今回、神奈川西部に出るのに使った道路は県道 45 号線。距離的には無駄なく行ける感じなのですが、小田急桜ヶ丘あたりは早期に拡幅して欲しいところ。

平塚からは国道 1 号線を走り、小田原から 135 号線に入って湯河原へ。モーターサイクルは自動車に比べると視線が高いのと、右ハンドルの自動車に比べると左側を走れるのでシールド越しに海がよく見えてキレイです。湯河原からは県道 75 号線へ。途中から椿ラインと呼ばれるワインディングを経て大観山にある駐車場へ。そこから撮ったのが上の写真です。やっぱり富士山は真夏の姿より雪をいただいた姿のほうが富士山っぽいですね。ホンの短い間の休憩を楽しんだあとは三島方面へ国道 1 号線を下ります。

下りの途中、山中城跡の先にある細い道を右折。地図で見つけた箱根外輪山の中腹をひたすら横切る道路を走るのが今日の目的なのです。国道 1 号線から右折したところに看板が出ていて「箱根やまなみ林道」と書いてあります。これは愛称で、正しい名前は「広域基幹林道北箱根山線」というらしい。帰ってきてから色々と調べてみたところ、距離にして 30km 以上もある林道とのこと。はっきり言って狭い道ですが交通量はほぼゼロというのが魅力。植林された林の中を縫うように走る道路なので日陰は昨日の雨が残っていました。

この道路‥もしかして人知れず素晴らしい展望が楽しめる場所があるかも‥という淡い期待を持ちつつ走ったのですが、期待は期待のままに終わり御殿場に到着‥。いやしかし、これでもかー!のアップダウンとワインディングは楽しかったです。ただし、交通量が少ないがために路上の堆積物が多い個所もあり、ロード系のマシンで飛ばせるような道路ではありません。そもそも非常に狭いし‥。私の場合はそれほどスピードを出せないので、これくらいのほうが目一杯楽しめていいかな‥という感じですかね。

山中湖パノラマ台より山中湖と富士山
RICOH GX200 24mm ISO64 F6.5 1/810 EV-0.3

御殿場からは国道 246 号線、県道 147 号線、県道 730 号線を経て山中湖のパノラマ台へ。目の前に広がるススキが風に揺れてキレイでしたね~。この景色を見に来ている人は結構いましたけど、今日の天気を考えたら人ごみでうんざりするような観光地とは違って心地よいです。この後は定番の国道 413 号線を通って帰宅。413 は自動車の後ろに張り付いて走るだけのつまらない道になってしまったので、途中、県道 75 号線、517 号線、518 号線を回ったりして楽しみました。やっぱり「細い道探検」は楽しいですね~。

2015年10月03日 (土)
■ チョイ乗り

ワシン坂上よりベイブリッジ
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/111 EV-0.3

ここのところ FANTIC に乗れてなかったので、どこかに乗りに行きたいな~と思っています。その前にチェーンメンテもやってないので、そっちもそろそろやらねばマズいなと思っているのですが‥。そんな感じでやりたいことは色々とあるのだけれども、気がつくと週末が終わってしまっている‥。それもまたマズいので、何はともかく乗ろう!と思って今日の午後はホンの少しだけ走ってきました。

大学生の頃は 400cc の GSX-R に乗っていたのですが、その頃もチョイ乗りしたいときは特に目的もなく港のほうによく行きました。コーヒーが飲めるバイクショップがあってコーヒー飲みによく行ったっけ。今でも残っていれば間違いなくその店に行くと思いますけど、とっくの昔になくなってしまいました。店員が全員女性という変わった店だったのですが、当時の人たちは今頃何やってるのかなぁ。

今は残念ながら行きつけの店もありませんので単に走って終わりなのですが、そういう店が近所にあったら何となく入り浸ってしまいそうですね。で、今日も本牧で八の字の練習でもしようかと思ったのですが、そこまでの時間はなく港まで行って帰って終わりになってしまいました。ちなみに‥写真は今日のものではないのですが、今日もワシン坂を通ったよ‥ということでお許しください。

2015年09月13日 (日)
■ チェーンメンテ

ワコーズのチェーンルブとクリーナー
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/36 EV-0.3

以前、モーターサイクルに乗っていたときは実家住まいでした。実家は一軒家なので洗車やメインテナンスをするのもあまり気を使わずにできましたが、マンションの場合には作業場所が悩みです。とはいえ、そのうちやることになるホイール交換などはどこか遠くでやるわけにも行かず、マンションの駐車場の片隅でやるしかないのかなぁと思っています。さすがにホイール交換ほどの作業は今まで経験が無いので、色々と学ぶことが多そう‥。道具も色々必要だし。

自動車と違ってモーターサイクルの場合は、そこまで大掛かりな作業ではない細々としたことも自分で色々とやることになるでしょう。そんなところは自転車も似たようなものだと思いますが、やはりモーターサイクルの場合はスピードは速いし重量もあるしエンジンだし‥自転車のお手軽さとはちょっと違うでしょうね。とはいえ、出来ることは自分でやりたいと思います。というわけで、まずはチェーンのメンテナンス!‥って、いきなりレベル低ぅ~って感じでしょうか(笑)。

さすがにチェーンの手入れは自転車と基本的に同じなので作業自体はどうってことありませんけど、難しいのがチェーンルブの選択です。こればっかりは実際に試してみないと何とも言えないのですが、何も知らずに買うのもどうかと思うのでネットにて諸先輩方の意見を拝聴しました。で、MOTUL のオフロード用だ!と思ったのですが、近所のナップスには置いてなかったのでワコーズになっちゃいました。さてさて、どんな感じか‥メンテして走りに行きたいですね~。

2015年09月05日 (土)
■ ぐるっと富士山一周

本栖湖にて
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/810 EV-0.3

微妙に天気のぐずついた日が続いてますが、今日は何とか天気が持ちそうです。午前中にちょっと仕事のあるカミさんも「どこか出かけてくるんでしょ?」と今日の私の行動をすでに見抜いています(笑)。申し訳ありませんが天気もそれなりによさそうなので FANTIC で出かけさせていただきますよ‥。今日行ってみようと思っていたのは、足柄峠。神奈川県道 78 号線と静岡県道 78 号線で越える足柄峠は、足柄街道や矢倉沢往還などと呼ばれている東海道の旧街道なのだとか‥。

目指すは東名高速大井松田 IC 付近ですが、平塚から県道 62 号線、77 号線を使って行ってみました。相模川を越えるまでのルートバリエーションもたくさん用意したいと思っているのですが、うちからだと環状 2 号、国道 1 号のルートが一番早いのかなぁ‥。大井松田から足柄峠は道路標識もあって簡単でしたが、78 号線は最後のつづら折れがすごいです。箱根の旧東海道(神奈川県道 732 号線)の畑宿あたりも猛烈な急カーブですが、あれを髣髴とさせる曲がり具合。

峠を越えた後は主に静岡県道 365 号線を通って小山町へ。富士山のビューポイントであろう県道 365 号線にある「誓いの丘」から富士山は全く見えませんでしたけど、ぐるっと富士山一周でもしようと考えて静岡県道 23 号線、県道 180 号線、国道 139 号線などを使って富士五湖の周りを走ってきました。湖周りでは県道 709 号線(本栖湖)、706 号線(精進湖)、21 号線(西湖・河口湖)、729 号線(山中湖)を走ってきました。週イチ程度しか乗れませんけど、もっと走ってマシンと一体化せねば‥。

2015年08月28日 (金)
■ 再び片岡義男

MOTO NAVI 2015 OCT No.78
RICOH GX200 28mm ISO109 F2.7 1/32 EV-0.3

一昨日、最近買う雑誌は見事に自動車系とモーターサイクル系に戻ってしまった‥なんて話を書きました。一昨日の雑誌は NAVI CARS だったけど、今日の雑誌は MOTO NAVI です。今一度、両方の雑誌の表紙を見てみると、NAVI CARS は「もういちど、クルマと暮らそう。」がサブタイトルですし、MOTO NAVI も「もういちど、オートバイと暮らす。」ですよ。どちらも一度は引退した人向けの本ということなんですかね。私のようなオッサンはついつい買ってしまうわけだ。

ということで写真は最新号の MOTO NAVI です。2 年前にも保存版として同様の片岡義男特集を組んでいたのですが、2 年前の特集のタイトルが「片岡義男とオートバイの旅」で、最新号のタイトルが「片岡義男とオートバイの夏」です。表紙は三好礼子さんの昔の写真。これを見ただけで、くぅ~バイク乗りてぇぇ~!って思いますよね。そういえば、バイクと言えば今は自転車のことを指すけど、私が若い頃はバイクと言えばモーターサイクルのことでしたね‥。

さて、その片岡義男‥。名前は知ってますし、どんな小説を書いているのかは聞きかじりでイメージがあります。でも、小説的なものを本当に読まなかった(今もだけど)私は片岡義男の小説は読んでない‥。これ、2 年前にも同じようなことを書いていて、一度読むかな~なんて思ったまま 2 年が経過‥。2 年の間に「もういちど、オートバイと暮らす。」ことができるようになったけど、片岡義男は読んでないままです。よし、読む時間無いかもしれなけどブックオフ行ってみよう。