14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年05月01日 (月)
■ 北太平洋シーサイドライン

勝手丼@釧路和商市場
RICOH GR 28mm ISO3200 F5.6 1/640 EV-0.3

道の駅うらほろを出たら国道 38 号線を東に向かいます。たまには観光客っぽいことでもしてみようか?ということで釧路の和商市場に行って名物らしい 「勝手丼」 なるものを食べてきました。勝手丼とは各人が自分の好きな具を選んで作る海鮮丼‥なので、大げさに言うとこの世にふたつとして同じものがない‥という丼ですかね。ホッケにシシャモに八角に‥と横浜ではお目にかからない北の魚の刺身を選び、今回は食べたいぞーと思っていた花咲蟹もチョイス。何故かシメサバが入っているのは単に私の大好物だから‥です。カミさんも似たような感じではありましたが好物の甘エビを添えていたので見た目がキレイだったかも。

勝手丼の具材@釧路和商市場
RICOH GR 28mm ISO100 F2.8 1/80 EV-0.3

勝手丼はごはんだけを予め買っておき(丼のサイズと白米、酢飯が選べます)、写真のような感じで売っている上に乗せる具を選んで好きなだけ乗せて食べる‥というものです。食べたいもの好きなものだけで統一できる‥というのは非常に魅力的かも。この日も朝イチ‥とは言っても 9 時過ぎ‥に行ったせいか、市場内は混雑しているでもなくゆったりと勝手丼を楽しむことができました。今から 27 年近く前にカミさんと釧路に来たことがあるのですが、当時は来なかったなぁ‥どうしてかしら?この後、幣舞橋を渡って道道 113 号線、142 号線を通って根室方面を目指します。

尻羽岬から厚岸方面
RICOH GR 28mm ISO160 F7.1 1/1250 EV-0.3

北海道の南東側の海沿いの道路を総称して北太平洋シーサイドラインと呼んでいるらしいのですが、北西沿岸のオロロンライン、北東沿岸のオホーツクラインと競争している‥ってな感じなのでしょうかね。その北太平洋シーサイドラインは釧路から根室間がメインになると思います。今日も天気がよくて景色も楽しめたのが非常によかったのですが、厚岸湾の入り口にある尻羽岬(シレパみさき)は往復 7km くらいの未舗装路を走らねばなりませんし、車を止めてからかなりの距離を歩くことになりますが、その分、素晴らしい景色に出会えると思います。観光地化を狙って道路延伸とかしませんように‥。ま、そこまで人が来るところじゃないかな。

バケツ牡蠣@厚岸グルメパーク
RICOH GR 28mm ISO400 F2.8 1/125 EV-0.3

尻羽岬を目指して歩いている間、どうにもキモチワルイ感じがしてヤバかったのですが、車に戻った頃には何とか正常に戻りましたが何だった?車に戻ったら砂利道を走って道道 142 号線に戻り尻羽岬から見えた厚岸の町に行きました。道の駅厚岸グルメパークにて蒸牡蠣とバフンウニを堪能。バフンウニは 1 個 700 円と結構なお値段でしたが、実入り(?)がよくて満足でした。ノンアルコールとはいえ、こういう色の飲み物を一緒に飲むとさらに美味いように思うのは気のせいでしょうか‥。ここからは道道 123 号線にバトンタッチ。愛冠岬や涙岬にも寄ったので今日は岬めぐりな 1 日になりましたね。

霧多布岬(湯沸岬)
RICOH GR 28mm ISO140 F7.1 1/1250 EV-0.3

そして浜中町の霧多布岬へ。霧多布岬というのは俗称であって正式には湯沸岬と呼ぶらしいですね。「とうふつ」 よりも 「きりたっぷ」 と言ったほうが語感がいい感じがするから‥ですかね?それとも霧多布湿原とセットで覚えてもらうため‥なのかしら?霧多布岬を楽しんだあとはさらに根室方面へ。最後に落石岬に行きたかったのですが、尻羽岬で疲れちゃったので今回はパス‥ということにしました。根室に着いたらお風呂に入り、昨年美味しくてびっくりした根室花まるで夕食をいただきました。昨年と同様に道の駅スワン 44 ねむろで寝ましたが、この日はエンジン掛けっぱなしで寝ている車がいて最低でしたね‥。エンジン切って寝れない人は車中泊しないで欲しいです。

2017年04月30日 (日)
■ 国道 235 号線-236 号線-38 号線

とまチョップ?@道の駅ウトナイ湖
RICOH GR 28mm ISO100 F2.8 1/50 EV-0.3

ウトナイ湖は仕事で北海道に行くときに飛行機から見えるのでどのあたりか分かっています。36 号線は交通量も多そうだし少ないとはいえ飛行機の騒音もそれなりかな‥と思っていましたけど、あまり気になりませんでしたね。交通量が多いとは言っても関東圏とは比べ物にならない‥という感じなのでしょうか。朝起きたらウトナイ湖側のほうに行ってみましたがオオハクチョウがいましたね。で、それも取り入れたのが苫小牧のユルキャラらしい 「とまチョップ」 だそうですが、、何から名前を取ったのか‥難しい(笑)。苫小牧のみなさん、どうなでしょ?

静内二十間道路
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

今日は国道 36 号線から分かれて日高、浦河方面に国道 235 号線を走ります。途中、新ひだか町静内にある 「二十間道路桜並木」 という名所らしいところに寄ってみました。まだまだ桜には早いということは分かっていましたけれども‥蕾すらついているのかいないのかよく分からない感じでしたね。もちろん観光客などがいるはずもなく。しかし、これだけの規模で桜並木が楽しめるということは、満開の時期にはさすがに凄い人出になりそうです。さぞ美しいとは思いますが、人が多すぎて嫌になってしまいそう‥。満開になったのを想像しながら静かに走るのが私には向いてそうです。

国道 236 号線を登る
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

再び国道 235 号線に戻り、襟裳岬方面に向かいますが今年は襟裳岬はパスします。室蘭にある国道 36 号線の終点が国道 235 号線の起点でもあるそうですが、浦河町で国道 235 号線は終点になって結果的に制覇したことになります‥国道 36 号線の終点側にわざわざ行っておいてよかった(笑)。235 号線の終点は 236 号線の終点でもあり、そのまま国道 236 号線を進むことになりました。少し進んだら海岸線沿いを離れ、野塚岳を目指した登りの山道になります。山道とは言っても北海道ですからスケールは大きく、シーズンにはまだ早いということで空いている‥ということかな。

焼肉色々!@帯広平和園
RICOH GR 28mm ISO320 F2.8 1/30 EV-0.3

山道を抜けて日高山脈の東側に降りたら、帯広目指して北上ルートに変わります。昨年、二晩ほどお世話になった中札内の道の駅は横を通っただけですが日曜日ということもあってか結構混んでましたね。そのまま帯広まで行くと国道 235 号線に引き続き国道 236 号線も制覇なのですが、起点に行く前にこれまた昨年行った平和園へ。ちょっと遅い昼ごはんでも少しゼイタクに‥なんて感じで焼肉をいただきました。カミさんにはビールどうぞ!としましたけど、私は当然飲めません。でも、頼んだノンアルコールビールがジョッキに入って出てきたのはいい感じでしたね。酔ってはいませんけど気分は酔っ払いです(笑)。

帯広平和園
RICOH GR 28mm ISO400 F5.6 1/640 EV-0.3

帯広に来たらついつい寄ってしまうだろう平和園を後にしたら国道 236 号線の起点まで行き、今日の夕食を調達しに帯広のイオンに行きました。車中泊旅行にもだいぶ慣れてきたので分かってきたのですが、夕食を贅沢にするよりは昼食を贅沢にするのがよいです。で、夕食は宿泊地の道の駅に着いてから車内で食べる‥というのが、食べて飲んで歯磨きしたらスグに寝られるということで優れていますね。まぁ、食べてスグに寝る‥というのはデブまっしぐらなのでよろしくないのですが。でも、人気店などで夕食を食べて‥とやってしまうと食事の後に移動時間が必要になってしまうのでイマイチということが分かってきました。今日は帯広で買い物をした後、国道 38 号線を東側に進み道の駅うらほろにて夕食+就寝となりました。

2017年04月29日 (土)
■ 国道 278 号線-37 号線-36 号線

朝から海鮮三昧@馬子とやすべ
RICOH GR 28mm ISO800 F2.8 1/60 EV-0.3

1 日早く函館入りしたおかげでフェリーの料金は安くなって払い戻しがありました。何だか得した気分ということで(?)朝から豪勢な海鮮丼をどんぶり横丁市場の 「馬子とやすべ」 という店でいただきました。GW 初日の朝ということで、函館の朝市も混雑している‥というほどではなかったですね。今年は朝ごはんだけを食べて出発です。ちなみに朝市大駐車場が夜間 500 円ということで昨晩はそこで寝させていただきました。夜の間に雨降ったり雷鳴ったりしてましたけどカミさん共々熟睡。

八幡坂
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/640 EV-0.3

昨年は国道 5 号線で北を目指しましたが、今年は函館から東側に向かう国道 278 号線を使ってスタートすることにしました。昨年は北海道を全体的に時計回りで走った感じでしたが、今年は反時計回りになる感じなのかな‥と、この時点で考えていました。せっかくなので国道 279 号線の北海道側を制覇しつつ函館山のふもとにたくさんある坂を見てみたり‥。写真は一番有名らしい八幡坂ですが、ガイドブックなどの写真で見るよりもずっと急なのに驚きましたね。冬とか大丈夫なんでしょうか?

中空土偶@函館市縄文文化交流センター
RICOH GR 28mm ISO3200 F2.8 1/20 EV-0.3

国道 279 号線を制覇するには函館-大間のフェリーにも乗らないとなぁ‥などと思いつつ国道 278 号線に入りました。トイレ休憩で寄った道の駅 「縄文ロマン南かやべ」 は、函館市縄文文化交流センターに併設される感じのこじんまりした道の駅なのですが、何となく入ってみた函館市縄文文化交流センターがよかったですよ。写真は北海道初にして唯一の国宝である中空土偶(カックウという愛称だそうです)ですが、(センター側にとってはよろしくないのでしょうけど)人が少なくてゆっくり見られるのがよかったですね。フラッシュ使わなければ写真撮影 OK というのもよいですね。

国道 278 号線から駒ヶ岳
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

函館から北に向かうのに国道 278 号線をわざわざ使う人はいないでしょうし、GW が始まったとはいえガラガラです。駒ヶ岳を正面にいかにも北海道!という直線道路。国道 278 号線は森町で国道 5 号線にぶつかると終わり。そこからは昨年と同じ国道 5 号線をしばらく走ります。途中、八雲町の普通のパン屋さんで昼食を買い、長万部からは東に向かう国道 37 号線に入りました。洞爺湖に寄り道してホテルで温泉に入り、その後は室蘭へ‥37 号線を無事に制覇したので地球岬に向かいます。国道 37 号線の終点近くから道道 919 号線に入ったのですが、狭さとグネグネ度が素晴らしかったです(笑)。

地球岬
RICOH GR 28mm ISO160 F5.6 1/640 EV-0.3

わざと走りにくい道を使って地球岬に到着したので遠くに来た感が増幅されてよかったかもしれませんね。今日走って来たところがぐるっと見回せる感じだったのもよかったかな。しばし眺望を楽しんだ後は室蘭駅のほうへ降りて、ちょっと早めの夕食を回転寿司で簡単に済ませました。室蘭駅の近くにはいい具合に国道 36 号線の終点があるので、終点から国道 36 号線を使って北東へ向かいます。国道 36 号線といえば札幌出張の際にすすきの行って毎晩渡っている道ですが、今回はすすきのへは行きませんので途中まで‥結局、この日は千歳空港の南側にある道の駅ウトナイ湖まで行きました。

2017年04月28日 (金)
■ 予定より早く函館入り

安達太良SAにて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F5.0 1/900 EV-0.3

センター北のモズバーガーでダブルスパイシーモスを食べてガソリン満タンで出発したのが昨日の 19 時前。夜のうちにできる限り北に行っておこうと目標を磐越道以北に定めて到着したのが安達太良 SA でした。寝たのは 0 時半くらいだったでしょうかねぇ‥朝起きたら雲ひとつない青空でいい感じ。今日はまだ GW が始まっていませんから、東北道も混雑していませんしサービスエリアも通常どおり‥という感じです。今日は岩手、秋田あたりに少し寄り道する予定。

私の朝食@長者原SA
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/40 EV-0.3

少し走って長者原 SA にて朝食を‥。私は生姜焼き定食をいただきました。

カミさんの朝食@長者原SA
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F1.8 1/140 EV-0.3

カミさんはいきなり(?)牛タン丼を。今日は開通間もない八幡平アスピーテラインを走ってみよう!ということで、松尾八幡平 IC にて東北道を降りました。天気がいいし気持ちいいだろうね‥と楽しみにアスピーテラインを目指しましたが、松尾八幡平ビジターセンターのすぐ横で 「終日通行止め」 との標識が‥。ん~、昨日天気悪かったと思うので雪道になってしまったのかしら?冬タイヤ履いてるし真冬じゃないから大丈夫じゃないかと思うのですが通行止めでは仕方ありません。

ブルーマーメイドのビューシート
RICOH GR 28mm ISO560 F2.8 1/160 EV-0.3

じゃ、とりあえず青森まで行ってしまおう‥ということで津軽海峡フェリーの青森フェリーターミナルに行ってみましたが、GW 前ですからフェリーに乗れるとのこと。ということで予定を繰り上げての北海道入りとなりました。昼間の乗船ということもあり、外が見えるビューシートというのを選んでみました。料金の差額はそれほどでもないし、席はかなりゆったりしているのでビューシートはいいかも。ちょっとウトウトしたり、外に出て景色を見たりするうちに函館に到着。ちなみに XQ2 に SD カードを入れ忘れてきたのに途中で気づいたため、今回の旅行は以後 GR オンリーになります。(念のために持ってきてよかった)

2017年04月27日 (木)
■ 行ってきまーす!

北海道観光ランキング(KADOKAWA)
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F1.8 1/42 EV-0.3

「いや、ホント‥仕事の締め切りが GW 明けじゃなくてよかったよ~」 というのは先日オネーサマとの打ち上げにて二人ともしみじみと言っていたことなのですが、今年の GW はひとまず仕事のことを忘れて過ごすことができます。そうは言っても電話待機ということで会社の携帯電話と PC を持ちつつ、いつでも電話に出られるようにしておかねばならないのですが。ま、何かがあったとしても私のところまで連絡が来ることはほぼ無いので、一応の保険みたいなものなんですけどね。GW 無しに現場で働いている方々は大変お疲れさまです‥頑張ってね~(笑)。

GW に夏休み、それに年末の休暇は車中泊旅行に出掛けるのがカミさんとの定番になっているわが家ですが、昨年に引き続き今年も北海道をぐるっと回ってくることにしました。私は今日から休暇に入っているのですが、カミさんは今日まで仕事‥。そんなわけで午前中はホンの少し仕事しちゃったりもしましたが、一段落の抜け殻状態から脱せないので仕事は早々に切り上げてしまいました。というわけで、今コレを書いているのですが、カミさんも今日は定時上がりにすると言っていたのでもう少ししたらカミさんを迎えに行って旅行の最終準備に入ります。

で、今日の夜から北海道に向けて出発ー!さすがに今日はまだ東北道も平常運転で GW 渋滞に巻き込まれるようなことは無いでしょう。明日は東北地方にちょっと寄り道をして、北海道入りは土曜日の夜になる‥のかな?北海道のどこに行くのかはまだな~んにも決めてないのですが、GW 最終日の来月の 7 日に横浜に帰ってくるまで‥思う存分北海道を楽しんできます。といっても、、5 月の北海道ってまだまだ寒いんですけどね。さすがに昨年のような季節外れの大雪に見舞われることは無い感じですが‥今年はまだ冬タイヤ装着してるので雪が降っても怖くないです!

2017年02月05日 (日)
■ 国道 121 号線-118 号線-289 号線

肉そば大盛@喜多方坂内食堂
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F1.8 1/34 EV-0.3

結局、今回の車中泊旅行は雪道を走るだけのために裏磐梯まで来てしまったわけですが、今日は午後イチから自治会の会合があったりするのでゆっくりと帰るわけには行きません。とはいえ、会津あたりからであれば高速道路を駆使すれば 4 時間程度で横浜まで帰ることができるらしい‥。じゃあ、ここまで来たからには喜多方で朝ラーでしょう?ということにしました。というわけで昨晩は会津坂下の 「道の駅あいづ」 で休んだのですが、朝起きてみたら氷点下 4 度の濃霧です。

でも、そんなことは気にせずに喜多方へ‥。やっぱり坂内食堂だよね‥ということで 7 時少し前に店舗に到着したところ、男性 4 名が既に開店を待ってました。みなさん好きですね~、、って人のことは言えませんが。変に他人と勝負(?)する感じで肉そば大盛を頼んでしまったのですが、大盛ではなくて普通盛で十分ですね。お腹がいっぱいになったところで店を後にして横浜へ向かうことにします。でも時間にはややゆとりがありそうなので白河までは下道で向かいました。

国道 121 号線にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/640 EV-0.3

結局、雪道を楽しめたのは昨年と同様に裏磐梯の一部となってしまいましたが、よくよく観察してみると道端に積もっている雪の量は昨年に比べるとずっと多いような気がします。写真は国道 118 号線の芦ノ牧温泉付近だと思いますが、昨年度は山がわずかに白かっただけじゃないかなぁ‥。でもやはり冬は雪道を少し楽しみたく‥今シーズンはもしかするともう無理かもしれないですが、来シーズンは最初から雪の心配(?)が無さそうな北のエリアを最初から目指すことにします。

2017年02月04日 (土)
■ 国道 117 号線-405 号線-353 号線-253 号線-290 号線

カフェ里わのモーニングカレー@道の駅花の駅千曲川
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F3.6 1/105 EV-0.3

今朝は少し寝坊して姨捨 SA を出発。メッチャ天気がよいので景色のよい中を北に進み長野自動車道から上信越自動車道へ入り、豊田飯山 IC からは国道 117 号線へ‥。学生の頃はスキーでさんざんこの付近に来ていましたが、以前に比べると雪が少なく感じられるようなそうでもないような。とりあえず夏道のような国道 117 号線を北上すること少しで道の駅 花の駅千曲川へ。カフェ里わはモーニングメニューも用意しているほどの気合の入りようなので、モーニングカレーをいただきました。

国道 117 号線から見た信越トレイル
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F7.1 1/400 EV-0.3

朝食後は雪道を求めてさらに北へ。それなりに雪は降ったようですが最近は降っていないのか国道は完全に夏道です。でも信越トレイルの山々が美しい‥雪があると夏と違って微妙な地形がよく分かって勉強になります。この後、せっかくだからと野沢温泉にも寄り道してみたのですが、野沢温泉ってこんなところだったっけ?‥と、昔とのギャップに驚きました。単に雪が無い景色のせいですかね。温泉街の道路も雪が無いんだけど、これって除雪が行き届いているせい?

国道 117 号線の除雪作業
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F4.0 1/450 EV-0.3

そうは言っても国道 117 号線の 「万年日陰」 のような場所は除雪作業が入っていたりして冬っぽい雰囲気があったりしましたが、それにしても道路に雪がありません。雪国で暮らす人々にとっては大歓迎だと思いますが、雪を求めて来た旅行者の私には少しばかりか物足りない‥。まぁ、そればっかりは仕方ないので、雪道はそこそこに温泉を目指しました。今回は何となく松之山温泉へ‥。しかし、松之山温泉は日本三大薬湯だそうで、空いてるのも相まって大成功だったかも。

小出付近から見た越後三山
FUJIFILM XQ2 50mm ISO100 F9.0 1/800 EV-0.3

もうこうなったら雪のあるところまで行くしかない!‥と、とにかく北へ北へと向かいました。途中、小出付近からは越後三山が美しい姿を見せてくれましたが、もしかして今日は最近の中ではとっておきのいい天気?というくらいに素晴らしい景色でしたね‥。国道 252 号線はそのまま北へ向かっても面白くないので、入広瀬手前で国道 290 号線へ。いつかは行ってみたい snowpeak の HQ キャンプ場を見学してきましたが、snow キャンプ大好きな人達で賑わってました。

snow peak HQ
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F7.1 1/750 EV-0.3

snowpeak HQ のキャンプ場所は正直言って標高はさほど高くないと思うので、真夏に来たらかなり暑いだろうな‥という感じでしたね。私としては 「それほど魅力を感じない」 キャンプ場でしたけど、snowpeak ファンにとっては聖地なんだろうなぁ。一度は行ってみたかったところなので目的は達成できたということで‥しかし、今回は雪道を走りたいのですが全くその兆候を感じられず。これはもう昨年も行ってみた裏磐梯にでも行かねば‥ということで磐越自動車道に乗りました。

檜原湖湖畔にて
FUJIFILM XQ2 50mm ISO800 F4.2 1/56 EV-0.3

そして目指す先は裏磐梯。何とか真っ暗になる前には檜原湖湖畔の県道に入ることができましたが、ここまで来てやっと雪道を走ることができました。総積雪量としては昨年よりも多い感じはするものの、雪道の雰囲気は昨年のほうがいい感じですねぇ‥。結局、東北まで来てしまいましたが、ここまで来ないと雪道を楽しむことはできないのでしょうかね。来年の冬は下手に長野あたりで雪道を楽しもうと目論まずに一気に東北まで足を運んだほうがいいのかもしれないと思いましたよ。