14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年09月02日 (土)
■ 県道 57 号線- 37 号線-国道 249 号線-県道 28 号線-35 号線

えがらまんじゅう@つかもと(輪島朝市)
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F3.6 1/40 EV-0.3

道の駅桜峠は気温低めで過ごしやすかったのと、非常に静かで熟睡できました。カミさんは明日の昼に富山で仕事があるのですが、その用意のために調理可能な場所を確保するということで今晩の宿泊は車中泊ではなくコテージ泊です。コテージには遅くとも夕方 18 時までにチェックインする必要があるとのことですが、それまでは自由時間。娘らが小さいときに奥能登に来たことがあるのですが、そのときは天候がイマイチだったこともあり、天気のよい今日は当時のリベンジになる‥ということで今日は何となく奥能登を回ってみようということになりました。まずは名前だけは聞いたことのある輪島朝市へ。

朝市で何かを買う‥という目的があったわけではないので、「ふ~ん、こんな感じのものなのね‥」 というだけで終わってしまった感はありますが。それでもちょっとしたお土産ものを買ったり、ちょっとしたつまみになりそうなものを買ったりしました。個人的に一番ツボだったのは上の写真の 「えがらまんじゅう」 です。私は旅行先でその土地の和菓子を食べる‥というのが意外と好きなので、こういう出会いは嬉しいです。でも、お土産として買って帰ろう‥という気にはならないので、地元的にはいい客ではないのですが。もっと食べてみたいなぁとも思いますが、次回のお楽しみにとっておきましょう。

白米千枚田
FUJIFILM XQ2 35mm ISO100 F6.4 1/480 EV-0.3

輪島朝市の次は国道 249 号線を北東方面へ‥。ここを通ったらひとまず寄ってみる白米千枚田に行きました。前回来たときはモダンな施設ができていて驚いたものですが、今回は明るい時間に来たので 「コレはちょっと違うでしょ」 というライトアップもなく千枚田の風景を楽しめました。さっき輪島朝市で食べた 「えがらまんじゅう」 に味をしめてしまったのか、甘いもの食べたい症候群に‥千枚田とは何の関係も無いであろう抹茶ソフトクリームなんてものを食べてしまったのは秘密。ついでに塩むすびも食べてしまいました。いかん!車中泊旅行は運動ゼロなので食べすぎはいかんのですが‥まぁ、いっか。

揚げ浜塩田@道の駅すず塩田村
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.6 1/340 EV-0.3

さらに国道 249 号線を行くと、道の駅すず塩田村がありました。一旦、通り過ぎてしまったのですが、塩の資料館なるものが併設されているようで 「これは見てみよう!」 ということになりました。これは今年の GW に行った 「函館市縄文文化交流センター」 が思った以上によかったことに起因するのですが、歴史を学べるところは勉強になるだけでなく面白い‥ということを知ったからです。入館料も大人 100 円とお安いので気楽に入れますし、何となく雰囲気は分かっていたつもりでもハッキリと分かっていたわけではない 「塩の製法の歴史」 を学べたのが収穫でしょうか。しかし、、こんな重いモノは担げませんよ‥。

禄剛崎灯台
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F6.4 1/640 EV-0.3

そして最後は能登半島最先端の禄剛崎灯台へ。禄剛崎自体が水面からの高度があって灯台そのもので高さを稼ぐ必要がないため、妙に寸詰まりな雰囲気の灯台です。禄剛崎灯台の近くにある金剛崎っていうのも行ってみようかと思ったのですが、「金儲けの臭いがする」 なんていう意見が目に留まり止めました。その後、しばらく海岸沿いを忠実にトレースする県道を選んで走っていましたが、時間もだいぶ無くなってきたので途中からはスピード重視で宿泊先を目指しました。とはいえ、今回は初走行となる能登島にも行けたのでそこそこ満足ですが、能登に来たときは必ず寄っていた千里浜を走れなかったのは残念。

2017年09月01日 (金)
■ 国道 158 号線-41 号線-360 号線-156 号線-能越自動車道

国道 360 号線天生峠にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F5.0 1/220 EV-0.3

昨夜は中央高速の八ヶ岳 PA で一夜を過ごし、今朝は長野県にほど近い山梨県からスタートです。中央高速から長野自動車道に入り、松本 IC を降りたら能登半島方面を目指す方向に走ります。まずは、お得意の国道 158 号線を走って高山まで。もちろん、安房峠を通る旧道ルートを使って行きました。昨日までと車種は同じ LEVORG とはいえ、STI Sport は乗り始めたばかりなので、「日本国内行ったことある都道府県」 もリセットしてゼロから数え始めることにしました。さすがに沖縄県まで自分の自動車で行くことは無いと思いますが、それ以外の都道府県は制覇したいところ。STI Sport での制覇には何年くらいかかりますやら。

高山以北の国道 41 号線は初なのですが、飛騨のあたりで高山本線と別れて国道 360 号線に入ります。国道 360 号線は多少狭い区間もありますが、酷道と呼ぶほどではない比較的走りやすい道路ですが、さすがに大型車は 「通行不能」 とのこと‥確かに大型車両では通れない感じのところもありました。飛騨側から白川郷へ向かう途中にある天生峠(上の写真)は天生県立自然公園になっていて高層湿原を楽しむ人たちも多い模様です。「ちょっと散策してみる」 という程度のものではなさそうなので、今回はもちろんパス。そのまま白川郷に降りてお昼を食べ、白川郷をちょっとだけ見て白山白川郷ホワイトロードへ。

白山白川郷ホワイトロード国見展望台より
FUJIFILM XQ2 50mm ISO200 F5.6 1/640 EV-0.3

白山白川郷ホワイトロードは、以前は 「白山スーパー林道」 と呼ばれていた道路のようで、こちらの名前は昔聞いたことがあります。普通車で片道 1600 円の通行料金を取られるだけあって道路自体は立派なものですが、ここも国道 360 号線の一部なのだとか。途中にある 「白山自然保護センター中宮展示館」 なども見学しつつ、小松市内まで下りました。その後、北上して少し早い時間のお風呂を川北温泉 「ふれあいの湯」 でいただきました。お風呂の後はさらに北を目指して砺波市内から仕事の電話会議に参加しましたが、よもや私が富山県内にいる‥なんてことは誰も思っていなかったことでしょう。

電話会議の後はさらに北を目指して何度かお世話になっている道の駅氷見に行きましたが、さすがに気温が高めで寝苦しそうです。しかし、内陸側に戻るのもそれはそれで面倒なので、能登半島の中でも比較的標高の高いであろう道の駅桜峠まで行くことにしました。外はもう暗くなっているため景色も見えませんので、時間短縮を狙って能越自動車道の無料区間をフルに活用して桜峠を目指しました。この手の道路は基本的に使わないのですが時間短縮を狙う場合には有効ですし、そもそも地元の人々には重要なインフラですよね。でも‥そのせいで古い道路が姿を消していくとしたらちょっと残念ですが。

2017年08月10日 (木)
■ 旅行取りやめ‥

2000km くらいは増える予定が‥
FUJIFILM XQ2 25mm ISO800 F3.6 1/50 EV0

今日はカミさんの用事に付き合うために仕事を休んでついでに今日から夏休み。今年の夏休みは来週末までなので 11 連休ってことになるわけです。さ~て、どこ行きましょ?夏は暑いので車中泊旅行は基本的に無理なんですけど、今年の夏は変な天候なので意外とイケるかもしれない‥ということで、久しぶりの四国を目指すことにしました。どうしても暑くてヤバいときはビジネスホテルにでも泊まればいいですし、寝るだけですから何とかなるでしょ。実質的に今日の午後から移動という感じでしたが、まずは行けるところまで行ってみましょう。

しばらくの間は下道でも走るか~ということで、箱根を越えた後は国道 1 号線のバイパスを走っていました。どこまで行けるかな‥なんて思いながら富士のあたりで急に LEVORG の不調がぶり返し。「え!?また?不具合っぽいの見つかって交換したって言ってたじゃん‥」 右足に反応しない嫌な感じとともにバックミラーには黒煙がもうもうと。部品交換後に完調したとは言い難かったので再発してもおかしくないとは思っていたのですが、よりによって今日ならなくても‥って感じです。

今日は警告灯が点灯するまでは行かずでしたし、ずっと不調が続くわけでもないだろうからこのまま四国に向かってもいいのですが、何だか無性に腹が立ってきて旅行そのものをキャンセルすることにしました。ホテルの予約などは一切してないので、「旅行やーめた!」 という場合も単に自宅に帰ればいいので非常に簡単ですね(笑)。今日は結局、富士山あたりまで行って帰ってきただけ‥という感じで終わりました。仕事もそこそこやることがあるので、夏休みも短くしちゃおうかな‥ってなところです。

2017年05月07日 (日)
■ 渋滞ゼロ!

八幡平アスピーテラインにて
RICOH GR 28mm ISO160 F8.0 1/500 EV-0.3

花輪 SA に泊まったのは鹿角八幡平 IC で降りるのに便利だから‥というのが最大の理由でした。私もカミさんもこういうのは欲張りなので、「ただ東北道を帰るだけじゃなくて北海道入り前にダメだったアスピーテラインを通って帰る」 というのが暗黙の了解で決まった感じです(笑)。天気は若干微妙‥という感じではありましたが、まぁ行ってみようということに。知床横断道路ほどではありませんでしたが、アスピーテラインも朝の 8 時半から通行可能ということで、ゲートが開くまで少し待つことになりました。待っている間、霰もパラついたりしてさすが山の天気!という感じ。樹海ラインとの分岐がある見返峠付近はこんなガスの中でした。

八幡平アスピーテラインにて
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

予想していたよりも雪が少なかったのは北海道も同じでしたが GW の間にずいぶんと融けて減ってしまったのかもしれませんね。「雪の回廊」 というフレーズから期待していたほどには雪の壁が高くなくてちょっとガッカリ‥という感じでしたが。途中からは晴れてこんな感じになりました。今回アスピーテラインを走って気づきましたけど、アスピーテラインは秋田側から岩手側に抜けるほうが走りながらの景色がよさそう‥ということは岩手側からであれば樹海ラインを上がって見返峠からアスピーテラインを岩手側に下るというルートがいいのかもねぇ。

松尾八幡平ビジターセンター横の桜
RICOH GR 28mm ISO280 F9.0 1/1600 EV-0.3

4 月 28 日の段階ではあまり咲いてなかったような気もしますが、松尾八幡平ビジターセンターまで降りてきたら桜が満開でした。ただ、この日も風が強くて桜の写真を撮るのもひと苦労‥。ほとんどの写真が見事な被写体ブレを起こしている中で数枚だけマトモに写った感じです。横浜ではとっくの昔に散ってしまった桜ですが、岩手あたりだと今頃が満開なんですね。松尾八幡平ではなく、ひとつ東京寄りの西根から東北道に復帰しました。あとはひたすら東北道を南下。

センター北到着
RICOH GR 28mm ISO200 F2.8 1/60 EV-0.3

連休最終日だし東北道はどれくらい混んでるかね~と言いながら走っていましたが、これが全く渋滞無しという感じで快調でした。矢板北 PA でちょっと遅めの昼食をとっている間に雹交じりの土砂降りになりましたが、それ以外は天気もよく高速道路の流れも順調そのもの‥。最後の最後で首都高中央環状線で少しだけ渋滞がありましたが、それは故障車が一車線を封鎖していたせい‥。といことで、驚きの渋滞ゼロで横浜まで帰ってくることができました。渋滞を避けるつもりで前日移動したみなさん!渋滞も一緒に移動してくれてありがとー!といった感じです。今年の北海道車中泊旅行は結局 5247km 走りました。

2017年05月06日 (土)
■ 国道 229 号線-276 号線-230 号線-5 号線

余市蒸溜所一号貯蔵庫
RICOH GR 28mm ISO800 F2.8 1/25 EV-0.3

ほとんどよい天気に恵まれた今年の GW 北海道車中泊旅行でしたが北海道最終日の今日はちょいと雨模様の天気とのこと。昼くらいから天気が回復してくるとのことなので、昨年行ってみてよかった神威岬にでも寄って帰れるといいかなと思い、積丹半島を回って帰るルートを選択。まずは一気に小樽まで行ってしまおうということで、道東道から道央道に入り札樽道を使って小樽まで一気に行きます。高速で一気に来ちゃったので時間が早すぎるから‥と、余市にあるニッカウイスキー余市蒸溜所を見学することにしました。朝の 9 時スタートということで、開始直後に入ることができました。

無料試飲@余市蒸溜所
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/320 EV-0.3

私はもちろん見ていませんけれども、NHK の連ドラでやっていたマッサンのこともあってか結構賑わっているみたいですね。それとも見学無料、ウイスキー試飲無料っていうのがウケているのかしら?いずれにしても人気観光地のひとつになっている模様です。全部無料ですからウイスキー試飲も 「申し訳程度にホンの少し」 かと思っていたら大違い!ウイスキー二種類にワイン一種類を飲ませてくれるのです。好みの割り方も出来るということで、これは酒好きにはたまりませんね。もちろん試飲はカミさんのみで、私はりんごジュースでしたけど‥(泣)。この後、カミさんはふだん全く飲まないようなウイスキーを買ってましたから、ニッカやるな!といったところでしょうか。

うにひらめあわび丼@浜寿し
RICOH GR 28mm ISO400 F2.8 1/30 EV-0.3

雨は一旦止んだものの、昨年も行った岬の湯しゃこたんで温泉を楽しんでいる頃にまたひどい降り方になってきました。残念ながら外湯は楽しめず‥(頑張って雨に降られながら外湯を楽しんでいる人もいましたけど)。とりあえず雨がしっかり降っているので、それが止まない限りは神威岬に行く気にはなれません‥。温泉を楽しんだ後は美味しいもの!ということで、神威岬の少し手前になる余別というところにある浜寿しというお店に行きました。私は大将オススメの三色丼(うに・ひらめ・あわび)を、カミさんはあわびが入ってない二色丼をオーダー。しかし、今年の北海道はメッチャ旨いものを食べてる気がしますね‥値段もカロリーも結構高いような気がしますが‥。

黄金塩@龍鳳大門横丁店
RICOH GR 28mm ISO320 F2.8 1/25 EV-0.3

美味しいものをいただいている間に雨は止みましたが、稚内に行った日ほどではないものの今日も風が強く吹いています。ひとまず神威岬の駐車場までは行ってみたものの、景色を楽しむゆとりもないほどに風が強いのと雨は止んだとはいえ灰色の空だったので、神威岬はまた次回以降のお楽しみにしました。積丹半島の西側を辿り、倶知安、喜茂別、留寿都と羊蹄山を右手に見ながらぐるっと回って再び洞爺湖から海沿いの国道 37 号線に出ました。長万部からは国道 5 号線を通って一気に函館まで。昨年も函館で食べた滋養軒の塩ラーメンを楽しみたかったのですが、時間が少し遅かったためにスープ切れで終了。近くにある大門横丁の龍鳳で黄金塩なるラーメンをいただきました。

函館フェリーターミナルにて
RICOH GR 28mm ISO200 F2.8 1/60 EV-0.3

いよいよ北海道ともお別れですね~。今年は 4 月の 28 日の夕方に函館入りしてから今日まで北海道を堪能できたので、全部で丸 8 日プラスアルファということになりますかね。美味しいものをたくさん食べての楽しい北海道車中泊旅行でした。フェリーは行きと同じブルーマーメイドでしたが、青森行きの帰りは昨年と同様にベッド付きのスイートだったので、青森着まで熟睡できました。青森でコンビニによって夜食をちょいと調達し、青森自動車道、東北道を走って花輪 SA まで行きました。明日は GW 最終日でもありますので東北道を一気に横浜まで帰らなければなりません。

2017年05月05日 (金)
■ 国道 240 号線-243 号線-391 号線-334・335 号線

硫黄山
RICOH GR 28mm ISO160 F9.0 1/1600 EV-0.3

今日、こどもの日はカミさんとの結婚記念日なのですが自転車の日でもあるそうで‥めでたいことです(笑)。今日は屈斜路湖やら摩周湖を見るという予定はあったものの、それ以外は特に何も予定を考えていませんでした。道の駅あいおいに貼ってあった通行止め情報には特に記載されていなかったので、津別町から道道 885 号線経由で屈斜路湖に行けるかと思ったら‥通行止めでした。仕方がないので美幌まで下ってから国道 243 号線で美幌峠越え。屈斜路湖畔の東側を走る道道 52 号線を通り、27 年前も昨年も行かなかった硫黄山に寄ってみました。「うわっ!駐車場有料じゃん‥500 円とか言われたりして」 と言ってたらそのまんま 500 円でした。

摩周湖@第三展望台
RICOH GR 28mm ISO200 F8.0 1/1250 EV-0.3

駐車場料金じゃなくて違うところにお金落としてもらうように努力できないのかしら‥などと言いつつも、温泉たまごを食べてから摩周湖に向かいましたが、、ここで問題発生。LEVORG の調子が最悪になりました。もうね‥エンジンマネジメントがダメダメで、坂を全然上らないからとアクセルを深く踏み込むと昔のディーゼルのように黒煙がもうもうと‥。うわ~、こんな最果ての地で 「販売店に行ってくれ」 ランプが点いたらどうしよう?と思いましたが、何とか警告ランプは点灯せずに切り抜けました。しかし、391 号線、334 号線と通って斜里町を抜けるあたりまでは今ひとつ調子が悪かったです。帰ったら文句言おう‥。

知床峠から望む国後島
RICOH GR 28mm ISO200 F9.0 1/1600 EV-0.3

先日、雪崩のために通行止めになっていた知床峠が今日の 10 時から開通とのことなので、せっかくだからと知床峠を通ってみることにしました。全体的に半時計回りで回った北海道‥知床峠は宇登呂から羅臼に抜ける方向になりましたが、昨年の羅臼から宇登呂とは反対向きになったのが面白いです。3 日前もよく見えた国後島は今日もよく見えました。ちなみに‥知床峠を通る知床横断道路は夏タイヤで走れる路面状況でなければ開通しないそうです。なので雪道の知床峠を走る‥というのは不可能なのだとか。気候が厳しい土地なので、他の峠のようなわけには行かないのでしょうね。

イバラガニ丼@道の駅知床・らうす
RICOH GR 28mm ISO100 F2.8 1/125 EV-0.3

羅臼側に降りたら道の駅知床・らうすにて昼食。タイミングがよくてあまり待たずに食事にありつけたのはラッキーだったかもしれません。私はイバラガニ丼なる蟹たっぷり丼を選びました。後から調べたところによると、イバラガニというのはタラバガニの仲間とのことですが、タラバガニよりは味が濃いと感じました。そういう意味では花咲ガニ寄りという感じなんでしょうかね‥いや、さすがにそれは言い過ぎか。いずれにしろほぐしてある蟹は食べるのが面倒ではなくてよいです。

黒ハモ丼@道の駅知床・らうす
RICOH GR 28mm ISO100 F2.8 1/125 EV-0.3

一方、カミさんは昨年食べてハマったという黒ハモ丼を選びました。カミさんと半分ずつシェアしましたけど、黒ハモ丼もやっぱり美味しいですね~(私も昨年食べた)。でも、今年のように別のものをオーダーしてシェアするほうが二倍楽しめる感じがしていいですよね。今年の北海道旅行の食事は去年よりも当たり感が強いかも‥なんて思いながらイバラガニと黒ハモの美味しさを楽しみました。その後、国道 335 号線を南下し、途中からは道道を駆使しながら中標津で温泉に入りました。

社内夕食の風景@道の駅自然体感しむかっぷ
RICOH GR 28mm ISO640 F2.8 1/30 EV-0.3

明日の夜は函館発なので、今日のうちに行けるところまで行っておこうということになりました。となると高速道路を使うに限るので高速道路に乗る前に夕食も手配しなくては‥というこで、中標津で買い物を済ませました。何だか美味しそうな握り寿司があったので今日の夕食はコイツです。買い物を済ませて開陽台で景色を楽しんだあとはひたすら西に向けて走行。阿寒から道東道に乗って占冠まで行きました。道東道をいったん降りて道の駅自然体感しむかっぷで宿泊。中標津で買って来た握り寿司はこんな感じで随分と立派な寿司でした。もちろん美味しかったですよー。

2017年05月04日 (木)
■ 国道 39 号線-273 号線-241 号線

三国峠より
RICOH GR 28mm ISO200 F8.0 1/1000 EV-0.3

昨晩はさほど冷えた感じはしませんでしたがフロントガラスの外側はシャーベット状になってましたね。国道 275 号線を少しだけ南下して、幌加内駅の跡地を見たら道道 48 号線を使って和寒から再び国道 40 号線に戻ります。比布のあたりから国道 39 号線に移って層雲峡方面へ。27 年ほど前は層雲峡の安い宿に泊まったけど、一体どこだったのかねぇ‥などと話をしながら国道 273 号線に入って再び帯広方面に向かいます。写真は北海道の国道で最も高い峠だという三国峠からの景色。北海道はあまりにも雄大なので、一番高い峠だと言われても今ひとつピンと来ない感じです。

第五音更川橋梁
RICOH GR 28mm ISO200 F6.3 1/800 EV-0.3

そのまま国道 273 号線を南下しますが、この辺りは国鉄士幌線が走っていたところだそうで、橋梁の遺構が多く残されているのだとか‥。その中でも夏の間は糠平湖に水没するタウシュベツ川橋梁というのが有名らしい(今回、見てみました)のですが、タウシュベツ川橋梁が湖の対岸にあって小さくしか見えないことに比べると写真の第五音更川橋梁はスグ近くまで行けて迫力満点です。橋梁の損傷が激しいということもあって、もちろん橋の上を歩くことはできませんが、かつてここを汽車が走っていたのだと思うと何とも感慨深いものがありますね。私、特別に鉄オタというわけではありませんが、廃線オタならなれるかも(笑)。

然別湖
RICOH GR 28mm ISO125 F5.6 1/1000 EV-0.3

道道 85 号線は通行止めのために北側からの侵入は無理でしたが、南側を回って然別湖ピストンもしてみました。然別湖にはまだ表面に氷(といってもシャーベット状ですが)が残っていて北海道は春浅いのだなぁ‥ということを思い起こさせます。しかし、春浅いなどと言ってられなかったのが今日の気候。帯広付近は本日日本国内で一番暑いところだったそうで、、沖縄より暑い摂氏 30 度を超えた模様です‥って、真夏日ですよ真夏日!一年違いでこんなにも違うものかと思ってしまいますが、昨年に比べるとメッチャ暑い北海道です。

ジンギスカン@西帯広有楽町
RICOH GR 28mm ISO280 F2.8 1/160 EV-0.3

「ジンギスカン食べたいよ~!」 と、FB で情報を募ったところ友人が西帯広の駅前にある有楽町というお店を紹介してくれました。地元の人々にとっては有名どころなんでしょうかね?多少待ちましたけど待ってる間が暑いの何の‥。今って GW の北海道ですよね?と、あらためて確認したくなるほどのギャップでした。平和園の焼肉ももちろん美味しいですが、有楽町のジンギスカンも美味いです‥それに安いのが素晴らしい。やはり美味しいものは地元の人の情報に限るのかも。

オンネトー
RICOH GR 28mm ISO200 F6.3 1/800 EV-0.3

ジンギスカンに燻された後は温泉に入ってサッパリしたら、再び帯広のイオンで夕食の食料調達。地方に行ったらほぼイオン系のスーパーしかないので惣菜メニューも同じようなものばかりですが、まぁ、それはそれってことで。今晩は陸別か相生か‥という感じに絞って国道 241 号線ほ北東側に進みます。途中で寄った足寄の道の駅は、、松山千春一色だった(笑)。結局、オンネトーにも寄ってみたいというこでそのまま 241 号線で阿寒湖方面を目指しました。そして夕暮れの誰もいないオンネトーへ。人がいない観光地って贅沢だよな~と思いつつ、道の駅あいおいが今晩の宿泊地でした。