14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年02月11日 (月)
■ カムイみさかスキー場

カムイみさかスキー場を見学
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F9.0 1/480 EV+0.7

昨日は道の駅 「信州蔦木宿」 にてお泊りでした。スキー後に茅野で風呂に入ってから道の駅に向かったのですが、信州蔦木宿には温泉も併設されているのですね。スキーは車中泊旅行を兼ねているので、帰りはあちこちに寄り道をして帰るのですが、色々あって今日は早めに帰りました。でも、真っ直ぐ帰るのはつまらないので‥ということで、国道 137 号線沿いにあるカムイみさかスキー場を視察してきました。結論から言って、私的にはこのスキー場は無し‥ですね。何でもいいから滑りたい‥っていう人には OK なのでしょうけど、色々な要素があってこそのスキーですからね。キレイな青空でも見えれば少しは違う印象を持ったのかもしれませんが、それでもここでスキーをする気にはならないな‥と思いました。

2019年02月10日 (日)
■ 白樺高原国際スキー場

ゴンドラと第 2 ペア中間のコース上部より
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F8.0 1/500 EV-0.3

今日は場所を移動して蓼科エリアの白樺高原国際スキー場に来ました。Google 先生に従って中央道の岡谷で降り、長野県道 155 号線、国道 152 号線、県道 40 号線を通って現地入りしたのですが、途中で側溝にハマっている車はいるわ、それなりの斜度の登りでチェーンが外れちゃっている車はいるわでヒヤヒヤものの道中になりました。今日はキャンプ仲間の 3 名が加わってのスキーだったのですが、スキー初級者女子がいるのでスキーヤー・オンリーの白樺高原国際を選んでみたのです。ゴンドラがあるといっても奥行きはなく、野麦峠に比べると斜度もずっとユル目ですが、若干疲れた脚にはちょうどいい塩梅です。

第 1 クアッドからの眺め
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F11.0 1/340 EV-0.3

それにしても天気がいいと気分が上がりますよねぇ‥。誰もが 「天気のよい日に滑りたい」 と思うことに加えて連休中日ということもあると思いますが、ゲレンデ下部からのゴンドラ、リフトに乗るために結構な時間が掛かってしまうのが唯一の残念ポイントでした。ゲレ食もメチャクチャ混んでたし‥って、昨日の野麦峠が異常ですよね。まぁ、麦峠もさすがに今日は結構な人出だったようですが。で、リフトから振り返るとエコーバレーと車山が遠くに見えます。あちらも気持ちよさそうだぁ‥。ちなみに、ゴンドラとクアッドの並びが同じくらいだったらクアッドのほうが回転早いと思います。

第 2 ペア乗車中
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F10.0 1/320 EV-0.3

白樺高原国際もどちらかというと小さなスキー場ですが、スキーヤー・オンリーというのは非常に滑りやすいので、スキーヤーにはそれなりの需要があるだろうと推測します。これでもう少し輸送力があればリフト待ちのイライラ感も解消されるだろうと思いますけど、輸送力が上がってしまうとゲレンデの混雑度が上がりますので、そこのバランスは難しいところかもしれませんねぇ‥。いずれにしろ、ガンガン滑りたい‥という気分のときには今一歩なスキー場かもしれませんが、ハイシーズンの 「外し」 にはいいかもしれません。でも、次に来るとしたらもうちょっと空いている時がいいかな‥というのが本音です。

2019年02月09日 (土)
■ 信州松本野麦峠スキー場

信州松本野麦峠スキー場最上部にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F3.6 1/600 EV-0.3

昨晩のうち‥というか、日付が変わってから到着したのは国道 19 号線沿いにある道の駅 「奈良井木曽の大橋」 でした。初日の今日は信州松本野麦峠スキー場へ。明日はキャンプ仲間と蓼科方面に行くので諏訪中心で考えていたのですが、一度行ってみたかった野麦峠スキー場を選びました。朝のうちは曇りだったのですが、10 時頃からは雪が降り始めて残念なことに回りの山々が見えなくなってしまいました。天気がよければ爽快な景色だっただろうと思うと残念‥。しかし、そんなことは差っ引いたとしても、ここのゲレンデは非常に面白いです。コース幅が若干狭い感じではありますが、飽きない斜度がバツグン。

信州松本野麦峠スキー場ベース
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.0 1/550 EV-0.3

中級者以上が楽しめるであろう相応の斜度がずっと続く感じのゲレンデだから‥という理由が一番大きいかと思いますが、滑っている人々の脚前が全体的に高めな気がします。また、今日の天候のせいも多分にあると思いますが、リフト待ちがほとんど無いというのも素晴らしいポイントです。あまりの回転のよさに、4 時間券を買われている人が多いことに納得しましたからね。とにかく滑りまくれるので、「明日もあるし早めに上がるかね?」 という感じで 15 時には滑るのを止めたのですが、最後までガツガツ滑らないのはスキー再開後で初めてのことでしたよ。今日はとにかく滑ったこと滑ったこと‥。

信州松本野麦峠スキー場のゲレ食にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F3.6 1/42 EV-0.3

驚きはゲレンデだけではなくて食堂も‥。ゲレンデの食堂(野麦峠はレストランより食堂という呼び方が似合ってる)って、いわゆる観光地値段で 「高いくせに量が少ない」 というのが定番だと思います。しかし、野麦峠は 「この値段なら納得」 と思いました。写真手前は私が食べた 「みそカツ丼」 ですが、普通盛りで十二分にお腹いっぱいになる量があります。大盛も用意されていたのですが、迂闊に手を出さなくてよかった‥と、思いましたもん。別の人が食べていた 「フライドチキンとフライドポテト」 も、あの量なら納得行くな~と思いましたからね。というわけで野麦峠スキー場‥私の中では大のお気に入りの仲間入りです。これで天然雪がもっと多く降るスキー場だとベスト入りしそうな勢いなんですけどね。

2019年02月08日 (金)
■ スキーメシ

マクドナルドにてスキーメシ
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F2.5 1/38 EV-0.3

今週末は 3 連休。明日、明後日と今シーズン初の連続スキーに行ってきます。都内で仕事だったカミさんを日吉まで迎えに行き、風呂に入って最後の積み込みをして出発!今週末は長野エリアでスキーを楽しんできます。最近、スキーに出掛ける際の腹ごしらえ(スキーメシ)は、マクドナルドで夜マックを食べる‥なんてことが多いです。いい歳こいてマクドナルドなんて‥という気もするのですが、スキー前夜のちょっとした高揚感とマクドナルドって私の中ではなかなか相性がよいのです。気分だけ若返っているつもり、、みたいな感じなのかもしれませんけど、何だかついつい食べちゃうんですよね‥。

2019年02月07日 (木)
■ キックオフ

東京駅にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F1.8 1/6 EV-0.3

連日の会社飲み会です。昨日もそうだったのですが、今日も自宅勤務の日ということにして、仕事後に自宅から飲み会会場へ直行しました(笑)。昨日の会場は何年ぶりに降りた?という恵比寿だったのですが、今日の会場は東京駅の KITTE にて。う~む、、こんなところで飲むのって初めてだな‥と思いながら、お上りさん状態で日比谷から東京まで歩きました。今日の飲み会は新たに始まるかもしれないプロジェクトのキックオフ会。始まる "かも" という状態なのにキックオフっていうのも妙な感じがしなくもありませんが、まぁ、飲み会自体が面白いのでオッケーです。しかし、それにしても今日のキックオフは平均年齢が高かった‥プロジェクトが始まったとしても途中でいなくなる人が出てもおかしくなさそう。

2019年02月06日 (水)
■ 打ち上げ兼反省会

打ち上げ帰り
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F1.8 1/4 EV-0.3

昨年の 12 月半ば頃から、今年の年始は緊急の仕事で潰れてしまったわけですが、緊急事態は何とか収まって平常運転に戻ってます。そんな緊急プロジェクトも一段落した‥ということで、現場の方がセットアップしてくれた打ち上げ兼反省会という名の飲み会に行ってきました。初めてお会いする方々も多く、なかなか楽しい会でしたね。こんなことを言うと不謹慎ではありますが、トラブルを乗り切ることでプロジェクト・メンバーの団結力のようなものが高まるのは間違いないので、本当にヤバくならない程度のトラブルもたまにはあっていいのかも‥なんて思ってしまったり。まぁ、トラブルなんて無いに越したことはないのですけど、こういうことでもないと会わない人々ともお知り合いになれたのはよかったです。

2019年02月05日 (火)
■ 国道 15 号線

国道 15 号線新子安付近
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/160 EV-0.3

国道 15 号線、別名 「第一京浜」 ですが、子供の頃は第一京浜という呼び方しか知らなかった気がします。昔から 「トラックが多い道路」 という印象がありますが、それは今でも概ね当てはまるんじゃないでしょうかね。自転車通勤では、東京通勤時代も、そして今も第二京浜と呼ばれている国道 1 号線を少し走りますが、国道 15 号線のほうは使ってないですね‥。今後も自転車通勤で利用する機会はないと思いますが、アップダウンがほぼゼロな分、国道 1 号線よりは自転車にとっては走りやすい気もします。というわけで、写真は自転車を止めた後に歩いて渡ったときに撮ったものですが、2019 年の横浜自転車生活は今日で 14 日目、走行距離は 427.5km (通算 314 日目、9982.5km) になりました。